名古屋工業大学 建築・デザイン工学科 市之瀬研究室ホームページ / 講義案内

トラス強度コンテスト

トラスコンテスト

学生がグループごとにヒノキ材を使ったトラスを作成し,トラスの強度を競い合います。2001年にはじまり,2002年には衛星回線で名古屋大学と中継を結んで行いました。また,2003年には横浜国立大学も加わり,参加校が増えました。2007年からアメリカの大学が3校加わり,ますます白熱したものとなっています。2008年で8回目の開催となります。

トラスコンテスト2004

開催要領

日時
第1回戦:2004年5月14日(金)PM 2:00~
第2回戦:5月21日(金)PM 2:00~
場所
横浜国立大学大学院工学研究棟7階大会議室
名古屋工業大学6号館11階会議室
名古屋大学工学部7号館1階SCS室
優勝商品
ビール券3枚
ルール
  1. 60cm離れた机(高さ約90cm)の間にトラスを架ける
  2. 使用材料は,断面3mmx3mm,長さ30cmのひのき材8本およびたこ糸のみとする。たこ糸の使用長さは自由。これ以外の材料(接着剤など)は使用不可。
  3. 工具はカッターのみを使用する。
  4. コンテスト当日には,ひのき材8本をどのように切断したかがわかる製作図を提出する。この製作図を含めて,Powerpointで設計理念を解説すること。
  5. 重りは,2L入りのペットボトルを底面から20cmの高さで切断して,その中に入れる。このペットボトルを,スパン中央の最も高い位置から,たこ糸で真下にぶら下げる。重りは,1個100gの油粘土の玉とする。ある荷重に10秒間耐えられれば,その荷重をクリアできたものと見なす。ペットボトルが床についてはいけない。ひのき材は東急ハンズなどで購入。長さ90cmで1本20円くらい。これを3本に分割する。

結果

トラスコンテスト2004の結果

トラスコンテスト2005

開催要領

日時
2005年5月13日(金)PM 1:30~
参加大学
横浜国立大学,名古屋工業大学,名古屋大学
優勝商品
ビール券3枚
ルール
  1. 40cm離れた机(高さ約90cm)の間にトラスを架ける。
  2. 重りは,最も高い一点から,たこ糸で真下にぶら下げる。重りが真ん中にあれば,トラスの足は必ずしも3つの机面に接していなくてもよい。つまり,2つの机の間で斜めにトラスを架けてもよい。
  3. 使用材料は,断面3mmX3mm,長さ90cm のひのき材3本およびたこ糸とする。たこ糸の使用長さは自由。これ以外の材料(接着剤など)は使用不可。
  4. 工具はカッターのみを使用する。
トラスはテレビカメラの真下に設置し,重りの位置が正しいかどうかを三大学で確認する。ある荷重に10秒間耐えられれば,その荷重をクリアできたものと見なす。重りが床についたらダメ。ひのき材は東急ハンズなどで購入。長さ90cmで1本20円くらい。コンテスト当日には,ひのき材をどのように切断したかがわかる製作図を提出する。この製作図を含めて,なるべくPowerpointで設計理念を解説すること。

製作風景

コンテスト本番

結果

準優勝者
西健太郎(名古屋工業大学)
3500g

トラスコンテスト2006

開催要領

 

日米トラスコンテスト2007

開催要領

日時
2007年5月19日(土)AM 9:00~
参加大学
名古屋大学,名古屋工業大学,横浜国立大学,パーデュー大学,ミネソタ大学,コロラド州立大学
優勝賞金
5万円(提供:矢作建設工業株式会社)
ルール
  1. 45cm離れた机(高さ約90cm)の間にトラスを架ける。
  2. 重りは,最も高い一点から,たこ糸で真下にぶら下げる。
  3. 使用材料は,断面3mmX3mm,長さ90cm のひのき材3本およびたこ糸とする。たこ糸の使用長さは自由。これ以外の材料(接着剤など)は使用不可。
  4. 工具はカッターのみを使用する。
  5. コンテスト当日にひのき材をどのように切断したかがわかる製作図を提出し,設計理念を解説すること。

製作風景

コンテスト本番

結果

2007年優勝チーム
優勝チーム
市之瀬研究室 学部4年生チーム(名古屋工業大学)
5600g
準優勝チーム
パーデュー大学
5500g
3位チーム
学部3年生チーム(名古屋工業大学)
  

日米トラスコンテスト2008

開催要領(日本語)

Program(English)

日時
日本:2008年5月10日(土)AM 9:00~
アメリカ:2008年5月9日(金)PM 6:00~(山岳夏時)PM 7:00~(中部夏時)PM 8:00~(東部夏時)
参加大学
名古屋大学,名古屋工業大学,横浜国立大学,九州産業大学
パーデュー大学,ミネソタ大学,コロラド州立大学
賞金
1位(金メダル):5万円、2位(銀メダル):3万円、3位(銅メダル):2万円
(提供:矢作建設工業株式会社)
ルール
  1. 45cm離れた机(高さ約90cm)の間にトラスを架ける。
  2. 重りは,最も高い一点から,たこ糸で真下にぶら下げる。
  3. 使用材料は,断面3mmX3mm,長さ90cm のひのき材3本およびたこ糸とする。たこ糸の使用長さは自由。これ以外の材料(接着剤など)は使用不可。
  4. 工具はカッターのみを使用する。
  5. コンテスト当日にひのき材をどのように切断したかがわかる製作図を提出し,設計理念を解説すること。

製作風景

コンテスト本番

結果

2008年優勝チーム
優勝チーム
Spider Triangle Arch チーム(名古屋工業大学)
7800g (8000g,非公式)
準優勝チーム
Boo Truss チーム(名古屋工業大学)
5500g
3位チーム
Kunioka Special チーム(名古屋工業大学)
6100g

光鯱会便りにトラスコンテストの記事が掲載されました。