名古屋工業大学 建築・デザイン工学科 市之瀬研究室ホームページ / 研究

研究概要

市之瀬研究室は,安全な社会基盤やシステムの整備を実現するため,地震災害時における構造物の被害の防止・軽減を実現するため,鉄筋コンクリート構造を専門としています。

構造物や地盤の耐震設計,補修・補強技術等に応用するための鉄筋コンクリート構造における地震時挙動や,耐震性能評価等に関して,理論的あるいは実用的な研究を行っています。また,構造力学教育の改善を目的とした,構造力学教育用ソフトウェア(構造力学入門ソフトウェア)の開発も行っています。

鉄筋コンクリートは居住性(特に剛性と遮音性)が高いため,共同住宅・病院・研究所・精密工場等の静寂を必要とする建物や,打ち放し仕上げによる独特の肌合いや造形性が高いことから,著名建築家が特徴的な建物を設計する際,主要構造材として用いられてきました。しかしながら,荷重を受けたときの破壊挙動やメカニズムは複雑で,未知の部分が多く,現在も研究が進められています。

市之瀬研究室でも,鉄筋コンクリート構造について多くの研究を行ってきており,現在も社会に有用な技術革新のために,鉄筋コンクリート構造のみならず,他の構造物についても積極的に研究を行っています。

主な研究テーマ

近年,取り組んできた研究テーマとして,以下のようなものがあります。

過去の実験データ 

過去に行った実験の図面,ロードセル・ひずみゲージ・変位計等の計測データを公開しています。